好きなコンテンツをあつめたアプリで紹介されていたドラマ<smily>

スマイリーというドラマが紹介されていて、ネットフリックスは、誰かに勧めててもらわないと、私の趣味の範囲からでることができないコンテンツばかりだしてくるから(amazonも同じ)一生出会えない映画やドラマや本だらけ。(紹介してもらおうがしてもらうまいがその事実はまげられないんだけどね)

 

 

だから、みていた映画やドラマのなかで、しらない映画の話していたらちょっと検索してみたり、できるだけ自分の範囲をこえたいと思っている。今回は、普段の私チョイスなら紹介してもらえない(コリアンドラマとか、ラブコメとかアニメばっかりみてるから!)全然しらないスペインの同性愛ドラマをみてみた! スマイリーというドラマ。スペイン語でテンポよく始まる。(なんだかだんだん言ってることがわかる錯覚がおきるから不思議)

舞台はバルセロナ。

去年サグラダファミリア展にいったっけ。私はこのファミリアに閉じ込められたという経験があって、いろいろ確かめたくていったのだけど、そのへんはよくわからなくてガウディさんがどんな死に方をしたかということだけ鮮明に焼き付けた。

25年ほど前に私を閉じ込めたサグラダファミリア

 

このドラマでは登場人物はほぼ全員レズビアンかゲイかもしくはどっちも! で、構成されていて場所はバルバルというむかし、床屋だったところを改装したバーでのやりとりで行われる。

とにかく、人間ドラマが巧妙に描かれていて、みんな、感情や気持ちを飲み込まないでちゃんと表現している。ときには涙するシーンもある。自分の感情をごまかさない、飲み込まない相手にちゃんと伝える、本当に難しいことだし、逃げ出したくなることだらけなのだけど、みんなちゃんと向き合っていて清々しかった。

リンクしようと思ったら、年齢制限だの適さない表現だのでできなかった・・・。誰も死なないし残酷でもないです。

コラムに戻る

コメントを残す