香りのペンが自分で作れたら面白いのにな!

 

小学生のとき、金木犀のにおいのするペンが大好きで・・・

 

(気になったので調べた。蛍光ボールペン、ゼブラからでていたもの。

いろいろな種類があったなかで私は金木犀がお気に入りで書いてはにおって書いては匂って、インクがなくなって自分で補充できないのだろうかと思い

キンモクセイをつんできて(ここが私の香りの原点)・・・たまたま季節は金木犀で咲いていた・・・煮だしてみたり乾燥させてみたりいろんな実験をいた小4だか5か・・・だった。

 

当然そんな、煮だした水溶液はペンにはならないのだけど、

これが匂いがするものへの興味と感心が広がるオープニングだったと言える。

それを思い出しながら・・・令和の香りのボールペン・・・天然だし・・・進化してるし・・・すごくいい香り。

24色あったらどんな香りにするかな? 頼まれてもないのに勝手にチョイスしたり!

コラムに戻る

コメントを残す