商品情報にスキップ
1 1

AOF

商品番号:pink-pepper-schinus-molle
エッセンシャルオイル・エキストラクト

ピンクペッパー/PINK PEPPER/Schinus molle

ピンクペッパー/PINK PEPPER/Schinus molle

通常価格 ¥1,920
通常価格 ¥1,920 セール価格 ¥1,920
セール 売り切れ
配送料はチェックアウト時に計算されます。
サイズ

huile essentielle 100% pure et naturalle

ピンクペッパー/PINK PEPPER

学名:Schinus molle

抽出部位:果実

:ウルシ科

抽出方法:水蒸気蒸留

産地:ペルー

ほかの名前: Schinus Molle

成分:Limonene,Linalool
CAS#68917-52-2 ; 94334-31-3

概要:有機栽培ピンクペッパーオイルは、ペルーのアンデス山脈に自生するSchinus molleの木から収穫されたピンクがかった赤色のペッパーから水蒸気蒸留されています。ブラジリアン・ペッパー、ペルー・ペッパーとも呼ばれるピンクペッパーは、成長が早く、乾燥に強い常緑樹で、高さ50フィートまで成長する木です。ピンクペッパーの大きさはブラックペッパーコーンに似ていますが、ピンクがかった美しい赤色で、素晴らしくスパイシーでペッパーな香りがします。

ピンクペッパーコーンエッセンシャルオイルは、トップノートが明るく、ほのかなフローラルノート、ドライウッディで少しスモーキーなアンダートーンを持つ、鮮やかなピンクペッパーのアロマを持っています。ミドルノートで、アロマ調合に美しく際立った特徴を加えることができます。モレ(ピンクペッパー)の木は、古代インカでは神聖な木とされていました。先住民たちは、ピンク・ペッパーの実を含むこの木のすべての部位を、コロンブス以前の時代までさかのぼり、健康上のニーズに対する薬草療法として利用してきました。葉は、浄化、清め、平和な時間の承認と結びついた、先住民のさまざまな癒しの儀式に使われてきました。インカでは、熟した果実の外側の部分を、発酵させたものとそうでないものの両方の飲料に使っていた。
ピンクペッパーエッセンシャルオイルは、ブラックペッパーエッセンシャルオイルの特性とは異なります。化学的に、ブラックペッパー(Piper nigrum)オイルとピンクペッパー(Schinus molle)オイルは大きく異なります: ピンクペッパーエッセンシャルオイルは、a-Phellandrene、Myrcene、Limonene、B-Phellandrene、a-Pineneを含むモノテルペン類を約80%含んでいます。それに比べ、ブラックペッパー・エッセンシャルオイルはモノテルペン類を約50~60%しか含まない傾向があります。



何とよく合うか:樹脂系、柑橘系、ウッディー系、薔薇

安全に関する考慮事項:使用する際には希釈すること。パッチテストを行うこと。

詳細を表示する