コラム

香りのアトリエ:自分だけの香水作りに挑戦しませんか?

香りのアトリエ:自分だけの香水作りに挑戦しませんか?

香水は「単なる香り」以上のものです。それは文化、歴史、そして個人の感性を映し出すアートワークです。古代エジプトから現代のパリまで、香水は豊かな歴史を持ち、各地の文化と深く結びついています。このクラスでは、そんな香水作りの基本から、個々の感覚を形にする方法までを学びます。

香りのアトリエ:自分だけの香水作りに挑戦しませんか?

香水は「単なる香り」以上のものです。それは文化、歴史、そして個人の感性を映し出すアートワークです。古代エジプトから現代のパリまで、香水は豊かな歴史を持ち、各地の文化と深く結びついています。このクラスでは、そんな香水作りの基本から、個々の感覚を形にする方法までを学びます。

45種類香料(クリエーション入門クラス)

45種類香料(クリエーション入門クラス)

10%で希釈した香料を使います。30mlのフレグランスをつくります。

45種類香料(クリエーション入門クラス)

10%で希釈した香料を使います。30mlのフレグランスをつくります。

好きな香りはなんですか?(渋谷界隈を嗅ぎまくった一日)樹脂が好きな人は精子が好きなんだろか?

好きな香りはなんですか?(渋谷界隈を嗅ぎまくった一日)樹脂が好きな人は精子が好きなんだろか?

今日は、本当は、 ゴッホ・アライブ 東京展 五感で体感するイマーシブ アート展   に、いきたかった。 今日最終の日だったし。 五感の中でも、嗅覚が一番「嘘偽りない自分との感覚」とつながることができると信じているのに、それがいつもうまく表現できなくてもどかしい。

好きな香りはなんですか?(渋谷界隈を嗅ぎまくった一日)樹脂が好きな人は精子が好きなんだろか?

今日は、本当は、 ゴッホ・アライブ 東京展 五感で体感するイマーシブ アート展   に、いきたかった。 今日最終の日だったし。 五感の中でも、嗅覚が一番「嘘偽りない自分との感覚」とつながることができると信じているのに、それがいつもうまく表現できなくてもどかしい。

願うと叶う話、スリランカのスパイスと天然香料について

願うと叶う話、スリランカのスパイスと天然香料について

コロナ前のことです。 いやコロナどころかその・・・ずっとずっと前の話。 大学受験に向けて地理の勉強をしていて(地理受験を選んだ。そのために地理を選択科目でおいてる大学がすくなくて、うけられるところが一気に減った。だけど歴史で絶対勝負できないのわかっていたので地理を最後まで貫いた)

願うと叶う話、スリランカのスパイスと天然香料について

コロナ前のことです。 いやコロナどころかその・・・ずっとずっと前の話。 大学受験に向けて地理の勉強をしていて(地理受験を選んだ。そのために地理を選択科目でおいてる大学がすくなくて、うけられるところが一気に減った。だけど歴史で絶対勝負できないのわかっていたので地理を最後まで貫いた)

ディオリッシモとアマリリス:香りのモデリングの深掘り

ディオリッシモとアマリリス:香りのモデリングの深掘り

4月1日は、定例チームムエットです。 今回は、ずっと温めてきた香りのモデリングです。この週末ずっと調べたり取り寄せた香りをチェックしたりしていました。 ディオリッシモのキーは「Muguet すずらん」であることはいろいろな資料からわかるのですが、掘り下げていくと、問題香料はミュゲじゃなくて「アマリリス」だとわかりました。

ディオリッシモとアマリリス:香りのモデリングの深掘り

4月1日は、定例チームムエットです。 今回は、ずっと温めてきた香りのモデリングです。この週末ずっと調べたり取り寄せた香りをチェックしたりしていました。 ディオリッシモのキーは「Muguet すずらん」であることはいろいろな資料からわかるのですが、掘り下げていくと、問題香料はミュゲじゃなくて「アマリリス」だとわかりました。

フランキンセンスサクラとピンクペッパー入荷しました

フランキンセンスサクラとピンクペッパー入荷しました

フランキンセンスは昔々からある樹脂で、人々を魅了してやまない。この樹脂の魅力って何かしらと思うと、20代のころの記憶がよみがえる。 当時、phytolという抽出方法のエッセンスを発明したピーターワイルドという博士がいて、なぜファイトール抽出を発見したかというと、インスタントコーヒーの香りをつくるためにということで、食用がメインだったらしい。

フランキンセンスサクラとピンクペッパー入荷しました

フランキンセンスは昔々からある樹脂で、人々を魅了してやまない。この樹脂の魅力って何かしらと思うと、20代のころの記憶がよみがえる。 当時、phytolという抽出方法のエッセンスを発明したピーターワイルドという博士がいて、なぜファイトール抽出を発見したかというと、インスタントコーヒーの香りをつくるためにということで、食用がメインだったらしい。